1.宮古島亜種
IMG_2393
FullSizeRender

和名:ミヤコヒメハナムグリ

学名:Gametis forticula miyakoana
           Nomura,1959
体長:14.8〜18.1
生息:宮古諸島(多良間島除く)

形態:最も大型化し、白紋が発達する亜種だが八重山亜種との差異は微妙。こちらは鈍い光沢を有する個体が多い反面、八重山亜種は光沢を欠く場合が多いように感じる。ついでに言えば原名亜種ですら奄美を始めとした諸地域で光沢を有する個体群が見られる。また、こちらの方が、上翅の色味は暖色寄りになる個体が多いように感じた。どれも個体差の範囲なので確実なことはいえない。上翅の色彩傾向は腹面にも現れており基本的には赤みがかかった色彩だ。


生態:成虫は各種花に集まる。幼虫は他ハナムグリ類に混じり林縁や海岸林の倒木下や腐葉土中林床中に生息し、羽化時期は固定されていない。海岸性の昆虫にも関わらず、何故か多良間島(リュウツヤ、ガキテンは生息している)には生息していない。

FullSizeRender

2.八重山亜種

FullSizeRender

和名:イシガキヒメハナムグリ
学名:Gametis forticula ishigakiana 
           Nomura 1959
体長:13.9〜16.6
生息:八重山諸島

形態:前述した宮古亜種と殆ど差異がない。私自身本種の観察事例がほとんどないため断言できないが、様々な標本画像を見ている限り、上翅、腹部共に色味がやや寒色寄りかつ艶消しである場合が多く、全体的に白紋が小型化する傾向にあるように感じた。実の所光沢がある個体ない個体、前胸の白紋が発達する個体、しない個体、様々な形態が入り乱れており統一性はない。もっとも、
正直な所、物流等に紛れて宮古亜種と混じっていてもなんら不思議ではないように感じる。

生態:宮古亜種に同じ。11月にバナトラで採集出来たため、活動時期は比較的長いように感じる。

3.与那国亜種

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

和名:ヨナグニヒメハナムグリ
学名:Gametis forticula yonakuniana 
   Nomura,1959
体長:15.2〜17.8mm

生息地:与那国島

形態:最も特徴的な亜種で、殆どの個体が極めて強い光沢に覆われる美麗種。

背面は鮮緑色で腹面は山吹色寄りの緑、色彩の振れ幅は少ない。また、他の亜種と比べて中胸腹突起板が発達する。

生態:宮古亜種に同じ。バナトラ等にもよく集まる。幼虫は海岸のアダン茂み林床程度の環境でも観察できる他、樹洞内のフレークからも得られているようだ。

FullSizeRender