国ブン手稿

主にアマチュア採集家が国産ハナムグリ×クワガタの生態に迫るブログです

カテゴリ: 国産ハナムグリ紹介記事

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

1.基本情報

和名:シナハナムグリ(朝鮮半島亜種)
名:Protaetia(Potasia) famelica scheini
   Miksic,1959
体長:16.4~19.7mm

生息:対馬

国内では対馬のみに生息する。詳しい範囲は不明だが、原名亜種は中国の北部に、本亜種は朝鮮半島や中国の周辺地方に分布。つい最近まで珍品の扱いを受けており、島内でも分布は局所的。ハナムグリは幼虫が未発見(公式の記録としては残っていないが、実際私のように論文を執筆報告していないだけで発見している人は多いのではないか)である種が少なくないが、本種もそのうちの一つ。

2.形態

風貌を一言で表せばイシガキシロテンハナムグリ対馬亜種。頭楯は中央部で凹圧し、翅端部は殆ど尖らない。シロテンハナムグリに酷似しているが、本種の体躯はかなり小型になる。一見すると地味な種だが、フ節が鮮やかな緑銅色に輝く。色彩変異は少なく、基本的に暗銅色、稀に緑銅色や赤銅色。FullSizeRender

シロテンハナムグリとの比較
本種の生息域にはシロテンハナムグリ(以下シロテン)も当たり前のように生息している。

シロテン@対馬
FullSizeRender

シロテンでも小型化する個体やフ節が緑銅色になる個体は存在する。両者の判別は中胸腹板や前胸点刻の観察により可能。

ほとんど同サイズのシロテン(左)との比較。
FullSizeRender

中胸腹板の形状。シロテンは扇子型に近い。
FullSizeRender

シナハナムグリ。横幅が狭い。
FullSizeRender

前胸の点刻。シロテンの前胸部は中央にかけて点刻が消失するため、強い光沢を放つ。
FullSizeRender

一方シナハナムグリの前胸点刻は、本種自身の上翅やシロテンの前胸部と比べ細かく密。より中心部まで同じ密度で刻まれている点も特徴。

FullSizeRender

他、上翅白紋に関してシナハナムグリの方が細かく広範囲に発達する、腹面の体毛が濃い、上会合部や凹圧部の凹凸が強い等の特徴がある。どれも微々たる差異であるが、前胸の点刻や光沢は野外で観察した際にも雰囲気の違いとなって現れるため、判別を大きく助ける。

雌雄判別
雌雄判別は尾節板で行う方法が容易い。

雌尾節板。大きく突出する。FullSizeRender

側面は凹圧されない。
FullSizeRender

雌前脚ケイ節。明瞭な3外歯を備えるが、生息地環境のせいか発生初期でもすり減りが激しい。
FullSizeRender

雄の尾節板。あまり突出しない。
FullSizeRender

側面は若干凹圧されるが、わかりにくい。
FullSizeRender

雄前脚ケイ節は雌対比若干幅が狭いが、こちらも明瞭な3外歯を備える。判別の材料として用いることは難しい。
FullSizeRender

幼虫形態
成虫を採集した箇所より本種の幼虫と思われる(同所的に生息するシロテンハナムグリの幼虫とは風貌が異なる幼虫。飼育品の画像は確認済)を多数採集した。以下、幼虫に関して言及する事柄は、全て採集品がシナハナムグリであるといった推測に基づいている事をご留意されたし。

FullSizeRender
幼虫の形態もシロテンに酷似しているが、やや小柄で体毛が濃い。後述するが、幼虫は礫岩主体の土壌に僅かに積もった堆積物を食している可能性が高い。そのせいかシロテンと比較して体幅が胴体から頭部にかけて大きく狭まっており、より潜行に適した形状となっている。(赤矢印の角度が急で頭部が小さい)

3.生態

成虫は5月上旬より8月下旬まで発生し、各種樹木や草本の花に集まる。Protaetiaとしては珍しく、発生のピークが5月中下旬と早い。既知の限りでは5月中に産卵された個体は晩夏に羽化し、翌年まで休眠するとある。一方で成虫の発生時期にも幼虫が得られることや飼育下では一年での羽化が確認されている。観察例が少なく要検証ではあるものの、アオハナムグリ等と同じく5月の早期に産卵された一部個体が晩夏に羽化し後食後に越冬し翌年産卵するのみであり、殆どの個体は幼虫や繭玉で越冬する単純な1年1化
であると推測できる。(あくまで推測)

島内でも分布は局所的で、海岸沿いに多い。生息域に樹液木があり、かつシロテンハナムグリやケシキスイ、スズメバチ等が利用する程に発酵していても、本種は花を選択的に利用する。発生時期、餌資源共に同所的に生息するシロテンハナムグリとの棲み分けが為されている。
FullSizeRender
FullSizeRender

同所的に生息するコアオハナムグリやクロハナムグリが立地を問わず様々な木の花を利用する一方で、本種は同じ斜面同じ樹種でも、特定の木に集中する傾向が観察され、特に風の影響を受けにくい箇所に多く見られた。
FullSizeRender

生息ポイントでも1.2キロ程内陸に行くと個体数が激減する。下画像のように見晴らしが良くコアオハナムグリが爆発的に集まっているようなシイ類の花でも、ごく少数の個体が見られたのみであった。
IMG_7774

バナナトラップも有効で、上画像シイの木に仕掛けた際、若干数の飛来が見られた。

幼虫は礫岩主体の土壌に生育し、堆積物を食している。礫岩の上に僅かに腐植質が積もっているような環境であり、人間の力を持ってしても非常に掘りにくい土壌だ。繭玉を作る空間が確保できるかすら危うい。
FullSizeRender

急峻に生える木の根元など、地形の問題で堆積物が溜まりやすい箇所に多く観察される。
FullSizeRender
FullSizeRender

生息地の山一つ例にとっても、海風が強く吹き荒ぶ側の斜面からは多くの幼虫が得られ、凪いでいる側の斜面からは殆ど得られないといったことがあった。成虫からすれば飛翔時に風の影響を受けない斜面側の方が繁殖に適しているように思えるが、どうも不思議だ。推測に過ぎないが、風により礫岩が風化しやすい、つまり土壌が岩状ではなく砂状に近い箇所方が生育しやすいのではないか。

4.採集

gw前後、晴れ間が除いている際に海岸沿いの生息地付近を飛翔、訪花する個体を採集、若しくはバナナトラップ等が有効。5月中はネズミモチやノバラ、トベラ等、時期が遅くなればカシワの花でも採集が可能であると推測される。生息地にはカシワやコナラが多数乱立しており、他種のように花資源に乏しい時期は必要に応じ樹液や若枝を齧り飢えを凌いでいるものと思われる。 

5.飼育

通常のマット等で産卵可能。幼虫飼育、休眠管理等は現在検証中であるが、恐らくかなり容易な部類に含まれるのではないか。余談ではあるが、ハナムグリ類の例に漏れず本種も独特の臭気を発する。決して心地良い臭いではないが、若干柑橘系のテイストが入り混じり不思議な感覚を覚える。


1.宮古島亜種
IMG_2393
FullSizeRender

和名:ミヤコヒメハナムグリ

学名:Gametis forticula miyakoana
           Nomura,1959
体長:14.8〜18.1
生息:宮古諸島(多良間島除く)

形態:最も大型化し、白紋が発達する亜種だが八重山亜種との差異は微妙。こちらは鈍い光沢を有する個体が多い反面、八重山亜種は光沢を欠く場合が多いように感じる。ついでに言えば原名亜種ですら奄美を始めとした諸地域で光沢を有する個体群が見られる。また、こちらの方が、上翅の色味は暖色寄りになる個体が多いように感じた。どれも個体差の範囲なので確実なことはいえない。上翅の色彩傾向は腹面にも現れており基本的には赤みがかかった色彩だ。


生態:成虫は各種花に集まる。幼虫は他ハナムグリ類に混じり林縁や海岸林の倒木下や腐葉土中林床中に生息し、羽化時期は固定されていない。海岸性の昆虫にも関わらず、何故か多良間島(リュウツヤ、ガキテンは生息している)には生息していない。

FullSizeRender

2.八重山亜種

FullSizeRender

和名:イシガキヒメハナムグリ
学名:Gametis forticula ishigakiana 
           Nomura 1959
体長:13.9〜16.6
生息:八重山諸島

形態:前述した宮古亜種と殆ど差異がない。私自身本種の観察事例がほとんどないため断言できないが、様々な標本画像を見ている限り、上翅、腹部共に色味がやや寒色寄りかつ艶消しである場合が多く、全体的に白紋が小型化する傾向にあるように感じた。実の所光沢がある個体ない個体、前胸の白紋が発達する個体、しない個体、様々な形態が入り乱れており統一性はない。もっとも、
正直な所、物流等に紛れて宮古亜種と混じっていてもなんら不思議ではないように感じる。

生態:宮古亜種に同じ。11月にバナトラで採集出来たため、活動時期は比較的長いように感じる。

3.与那国亜種

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

和名:ヨナグニヒメハナムグリ
学名:Gametis forticula yonakuniana 
   Nomura,1959
体長:15.2〜17.8mm

生息地:与那国島

形態:最も特徴的な亜種で、殆どの個体が極めて強い光沢に覆われる美麗種。

背面は鮮緑色で腹面は山吹色寄りの緑、色彩の振れ幅は少ない。また、他の亜種と比べて中胸腹突起板が発達する。

生態:宮古亜種に同じ。バナトラ等にもよく集まる。幼虫は海岸のアダン茂み林床程度の環境でも観察できる他、樹洞内のフレークからも得られているようだ。

FullSizeRender


オオシマアオハナムグリ(nippnoprotaetia)の亜種紹介です。オオシマアオハナムグリの亜種は9種存在しますが、今回は生息地を北から順番に並べ、順番に3種、口永良部亜種、諏訪瀬亜種、中之島亜種を紹介します。北部系という括りですが、学術的にそういった分類や単語が存在するわけではありません。単に私が記事分けの都合で勝手に呼称しているだけであり、他亜種との分類学上の相違等はありません。しかしながら今回紹介する3つの亜種と他の亜種では、形態や生息環境に若干の違いがあるように思えます。

0.北部系亜種の共通生態、形態など

今回紹介する3つの亜種はどれも鹿児島の活火山島に生息する。対して他の6亜種が生息する島において火山活動は見られない。北部系亜種の生息土壌には概して火山灰が入り混じっている一方で、南部系の亜種は粘土質の土壌に生息するという違いがある。また、関連性性は不明であるが、北部亜種は南部系と比べて大型化する、青色の色彩変異が存在する、累代が難しいなどの特徴がある。カラーバリエーション、造形、飼育の難易度、希少価値、どれをとっても国内最高峰と言っても過言ではない非常に魅力的なグループだ。(ちなみに私は本グループの記事を書くためにブログを始めた)
幼虫はシイ林の林床の落葉層(A0.)のさらに下部であるA層(堆積腐植物や細根、無機質土壌が入り混じる層)に生育する。

FullSizeRender
幼虫期間は1年半〜2年間前後と長く、かなり分解の進んだ貧栄養の餌をじっくり食べながら成長するようだ。秋〜冬にかけて羽化した成虫は休眠を経て翌年の初夏活動に至る。
オスは比較的細長い上翅を持ち全体のシルエットが長方形に近くなるが、反面メスの上翅は短く全体のシルエットはずんぐりむっくりな雫型になる。雌雄共に他種と比べて点刻が深く密に刻まれる傾向にあるが、オスの前胸は点刻が浅く上翅の点刻もメスと比較してまばら。メスは全身に極めて強く密に点刻が刻まれる。白紋についてもオスの方が発達する。要するに、オスの前胸はツルピカでメスは全体がザラザラ。基本的にオスの前胸は白く縁取られ、腹面にも白紋が入る傾向にある。この特徴はメスにも全く出ない訳ではないため、あくまで傾向。最後に、オスの触覚辺状部や脚部全体、フ節はメスと比較して発達、もしくは長くなる。メスの脚部は太短く、ケイ節に明瞭で幅広な外棘歯を3本揃える。上記の特徴からオスは華美で儚い印象を、メスは渋く強壮な印象を与える。脚部による雌雄判別は言語化すると曖昧に思えるかもしれないが、見慣れると脚を含めた全体の雰囲気で雌雄判別ができるようになるほど性別間で外見に差がある種だ。採集方法や飼育方法は原名亜種に準ずる為、本記事での説明は割愛する。

1.口永良部亜種

FullSizeRender

オス個体FullSizeRender
メス個体

和名:クチノエラブアオハナムグリ
学名:protaetia exasperata erabuana 
           Nomura1964
体長:22.0〜24.4mm
分布:口永良部島

形態:背面に鈍い金属光沢を有し、白紋は他亜種に比べて少なく不明瞭。雌雄共に点刻は他亜種に比べ非常に強く刻まれ、特にメスのものは顕著であるため、光沢が余計に鈍くうつる。オスは前胸の点刻が浅く、前胸辺縁部が白く縁取られる。体色のバリエーションは幅広く、鈍色や茶銅色を基色として緑銅色や藍銅色といった変異を呈する。これらの変異は胸部のみ、又は背面のみに現れる場合も少なくない(俗に言うツートンカラー)また、変異の比率は低くなく5頭に1頭程度混じるようだ。最大の特徴はその体躯にあり前亜種中で最も大型化する。光沢や鮮やかさと言う点では他種に劣るものの、点刻の強さや力強いボディが魅力的な種だ。

FullSizeRender
オス色彩変異

FullSizeRender
オス色彩変異

FullSizeRender
メス個体

FullSizeRender
メス色彩変異

FullSizeRender
メス色彩変異

FullSizeRender
メス色彩変異

生態:成虫は6月下旬〜7月上旬の限られた時期に発生するようだ。幼虫は勾配がなだらかなシイ林の火山灰混じりの林床に生育する。個体密度は非常に高く、大木の根元を掘れば必ず観察できると言っても差し支えないほど。これは大木に依存しているわけではなく、単にそのような環境に堆積物が溜まりやすく湿度が一定で保たれているからだと思われる。同島にはシロテンハナムグリ等も生息しているが、林内の林床は本種が占領している。ちなみにシロテンハナムグリは林縁や草原といった箇所に多く生息しており、明確な棲み分けが成されている。

2.諏訪瀬亜種

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
(上記個体は全て累代品)ガバ纏ガバ画像申し訳ナス

和名:スワノセアオハナムグリ
学名:protaetia exasperata suwanoseana
           Nomura 1964
体長:19.6〜23.0mm
分布:諏訪之瀬島、悪石島
形態:雌雄共に白紋がほとんど消失する亜種。
体躯は口永良部亜種よりやや小型化するが、点刻は同程度に濃い。体色は深緑色を基調としており、これは同所的に生息するアクセキツヤハナムグリのものと重なる。色彩変異としては個体差の範疇で掲載画像のように桃銅色が重なったり、変異として全身紫銅色、藍銅色の変異が存在するようだ。

生態:アクセキツヤの生息しない諏訪瀬島における本種の発生ピークは6月中旬である一方、アクセキツヤの生息する悪石島ではツヤのピークである6月下旬と本種の発生ピークが被る。バナナトラップやタブ、シイ樹液等から得られる。諏訪瀬には広大なシイ林が広がっているが悪石島での発生源は限られているものと思われる。

3.中之島亜種

pc治り次第メス画像追加予定
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
(画像個体は全て累代品)
和名:トカラアオハナムグリ
学名:protaetia exasperata nakana
           (Nakane1956)
体長:19.0〜22.9mm
分布:口之島、中之島、平島

形態:筆者の贔屓目マシマシで語ると、間違いなく国内最美麗種。生息地から察していただければと思うが、ノコギリといいコクワといいつくづく我々は不遇な身の上にあるらしい。上記2種と比べるとやや小型になるが、南方亜種と比較すると大型になる。オスの点刻は他亜種と比べかなり薄く従って光沢も強くなる。オスの白点が発達しやすく、前胸の白紋出現率が高いのも本種の特徴だ。メスは例の如く深い点刻が刻まれる他、上翅に若干の微毛を有する。色調は主に2種類で、掲載画像の通り鮮やかな緑と藍色の個体に大別される。青藍色の個体は偶発的な変異ではなく、割合としては2頭に1頭は得られる程度。青藍色の個体群にはtsujimotoiという型名が付けられている。色彩変異としてはイシガキシロテンのような緑銅色と赤褐銅色が入り混じる個体が存在する。中には青、緑、赤三つを備える個体も。

生態:山間部よりも平地や集落周辺に多いようだ。これは山間部では移入のヤギが下草を食い尽くし、土壌が過剰に乾燥することが理由と思われる。逆に標高を上げるとヤギも減る為本種が得られるようになる。発生ピークは6月下旬〜梅雨明けと短いが、個体数は少なくなく、各種樹液やバナナトラップで得ることができる。

引越し完了次第成虫撮影します

1.基本情報

和名:ハイイロハナムグリ
学名:protaetia (heteroprotaetia) fusca
   Herbst,1790
分類:シロテン属ハイイロハナムグリ亜属
体長:12.0〜17.2mm
生息:小笠原諸島、沖縄以南南西諸島各島
(本来の生息地は東南アジア、オセニア各地)

2.形態

上翅は角度によっては角度によっては若干暗緑色〜紫色が浮かぶ半金属光沢質の黒色を基調とする。小楯板や上翅接合部を除き、灰色〜褐色のベルベット調の被覆物に覆われ、前胸板上翅共に細かい波状の白紋(ベージュ)が刻まれる美麗種。画像の通り、白紋は特に前胸辺縁部と上翅側面、尻部で顕著。オスの腹面は中央部以外白紋と同色の被覆物に覆われるが、メスはこれを欠く。脚部や腹面に体毛を密に有するなど国内ではカバイロハナムグリに比較的近い色調や質感だが、こちらはカバイロハナムグリと比較して一回り程小型になる。頭部辺縁や中胸腹板突起の上辺は直線に近くなる。雌雄は3のポイントから判別可能で上述した腹面の白紋有無や、翅端部、ケイ節を見る方法がある。本種の翅端部は、オスにおいて極めて強く突出するが、メスはしない。前脚ケイ節は他の種に漏れず、メスは明瞭な外棘歯を3本備える一方でオスはこれを欠く。幼虫の形態もカバイロハナムグリに近く、濁った体色に体毛を備え、やや扁平。防御姿勢は幼虫を指で例えると、第一関節のみ曲げるような形。

3.生態

本種は所謂国外からの外来種だ。1985年に小笠原諸島で確認されて以来、宮古諸島や南西諸島近年では進行形で沖縄方面に分布を広げている。厳密には国産ハナムグリでは無いため本稿で取り上げるか否かは迷ったもののサカイシロテンを取り上げた以上例外を作ることが憚られたため仕方なく書くことにした。小笠原諸島には航空機で侵入したとされているが、本土に移入していないにもかかわらず、南西諸島にのみ伝播している点に疑問が残る。また、本種はオセニアや東南アジア各国でも移入が確認されている。筆者の勝手な妄想だが、漂流物等に紛れて太平洋を広く漂っている可能性もゼロではなくそう考えるとロマンがある虫と言えるのではないか。オセニア等にも生息していることから、記載が1790年と比較的古め。
成虫はタブ樹液に集まる他、パプアキンイロクワガタのように、草本を傷付けて給汁する様子が観察されている。図説等で、幼虫は堆肥に生育するとされているが、この堆肥が具体的に何を指すのか(牛糞が入り混じった物なのか、単に植物のみを使用した物なのか)は不明。筆者や知人の経験上だが、生息地の堆肥では観察できなかった。私の経験上、本種幼虫の食性にはリュウキュウツヤやイシガキシロテンに近く、林縁や拓けた場所の腐植物が堆積する箇所から得られた。小柄な体躯にも関わらず飼育下において半年以上の幼虫期間を要することから、発生サイクルは単純な一年一化と思われる。 

4.採集

成虫採集にベストなシーズンや、狙った採集方法があるのかは不明。国内では宮古島や石垣島に個体数が多いようで、秋から春にかけて刈り取られた芝生や林縁低木の落葉が堆積した箇所を適当に掘っていると幼虫が採集できる。

5.飼育

体内時計もなく、飼料も選り好みしないため、適当な市販マットや腐葉土等にぶち込んでおけば勝手に増える。


更新頑張ってますが気が遠くなります。文字数卒論(笑)の倍は書きました。めげずに頑張りましょう、頑張る...

FullSizeRender
FullSizeRender

1.基本情報

和名:アオヒメハナムグリ
学名:Gametis forticula forticula (Janson,1881)
体長:13.3〜16.5
分布:近畿以西、四国、九州、対馬、甑列島、大隅諸島、トカラ列島、奄美諸島、沖縄諸島

2.形態

オキナワコアオハナムグリの別名が表す通り、コアオハナムグリを少し大きくして、毛と白点を減らしたような風貌。体色はコアオよりも鮮やかな深緑色〜黄緑色で、本原亜種は光沢を欠く。また、コアオハナムグリと異なり顕著な色彩変異は存在しない中胸腹板突起は細く突出した先で楕円状に広がっており特徴的だ。(あくまで個人的な感想に過ぎないが)最大の特徴は腹面の色彩で、鮮やかな赤褐銅色を呈する。
FullSizeRender

雌雄判別は前脚ケイ節で行う。
オス(1枚目)とメス(2枚目)を比較すると後者の方が幅広であることがわかる。

FullSizeRender
FullSizeRender

幼虫は比較的カナブンに近い形状をしており、表皮が非常に柔らかく体毛が濃い。また、他種と比較して腹部が太くなる傾向にある。下画像のように、C字型に丸まる擬死行動を取る。

FullSizeRender

3.生態

幼虫は上記画像のようにリター層直下の砂混じりの土壌を中心に生育し、飼育下であれば2ヶ月あまりで成長を完成させる。私は確認していないが、樹洞等からも得られるそうだ。開けた場所であれば環境を厳しく選ぶことはないものの、林縁や海岸林等に個体数が多い。恐らく本土や九州島嶼に生息する個体群と以南の個体群では活動時期やサイクルが異なる。前者はコアオハナムグリと同じく晩夏に羽化した個体が活動し越冬後、春季に産卵を行うものと思われる。後者は大まかに前者と同じだが、春季に産卵された個体は2ヶ月ほどで羽化し初夏に産卵、初夏に産卵された個体は秋季に羽化し越冬を行う、つまり年に2回、あるいは数回サイクルが回っているのではないか。成虫は各種の花を中心に利用するが、他の訪花性ハナムグリよりもバナナトラップへの感応度が高く、普通に個体数が稼げる。成虫の活動時間は外気温が上がると午前中に偏り、飛来ピークは午前10時頃。

7月に採集した本種
FullSizeRender

4.採集

南西諸島においては3月以降、本土においては4月下旬以降、各種花のルッキングやスウィーピングで得られる。本土において6月〜8月にかけては個体数が減っている、もしくは見られない可能性がある。バナナトラップも有効だが気温が上がらないと効果を得にくい。島嶼部であれば本種が7.8月にも活動していることからバナナトラップも十分に効果を発揮する。幼虫、新成虫共に季節を問わず堀りでも採集が可能だ。林縁、海岸林の、各種腐植物の堆積物直下や、砂が混じる土壌の比較的浅い箇所から得られる。

FullSizeRender

5.飼育

本種を含めた訪花性ハナムグリ野外品の産卵や幼虫育成は極めて容易だ。活動中の成虫を採集した場合でも越冬中の成虫を採集した場合でも適当な用土に放り込んでおけば、3、4月以降勝手に産卵を行う。むしろ幾ら加温しても冬季には産卵を行わず、体内時計が比較的しっかりしていることが窺える。野外品を産卵させると幼虫は遅くとも夏頃までに羽化する。成長スピードは極めて早く驚くこと間違いなし。この際、産卵用土や幼虫の飼料はどんなものでも問題ないが、強いて言えば黒土や川砂を混ぜた方が栄養過多、不全等のリスクを減らすことができる。これらの個体は休眠を挟まずすぐさまハッチ、活動を開始するためエネルギー切れを起こす前に後食をさせる必要がある。問題はその後で、春の野外品をセットする際と同様の環境で産卵セットを組んでも産卵に至らないことから、人為的、あるいは屋外放置等による越冬が必要と思われる。越冬後に体内時計を機能させる必要があるか否かは未検証だが、おそらく日照時間変化等の刺激が必要。

↑このページのトップヘ